歴史

ネックレス

ネックレスはそんなたくさんのアクセサリーの中でも特に古い歴史を持っていると言われており、
大昔は動物の骨や牙、貝殻などを植物で作った縄のようなものに通してそれを首にかけていたようです。
その当時は現在のようにオシャレをするという目的でネックレス身につけていたわけではなくて、
その者の身分を証明するためのものだったり、豊作などを願うときの道具だったり、
占いなどにも専用の道具として利用されたりだったようです。

また、男女関係なく普通にネックレスを身につけていました。

古代エジプト時代にはピラミッドの王族が宝石が散りばめられたきれいなネックレスをつけていたようです。
ローマ時代になると、貴族の女性たちは色鮮やかな宝石を金の枠にたくさんはめ込んだネックレスを好んで身につけていました。
18世紀になり、フランスの宝飾技術がヨーロッパ全土に広まっていき、花やリボンを使った渦を巻いた形のペンダントが人気となりました。

これに伴ってヨーロッパの上流階級では胸元が大きく開いたドレスが人気となっていきました。
そうなると胸の飾りももっと綺麗なものをと、いろいろと考えていかなくてはなりません。
そのことがネックレスが重宝される原因だったのではないかと思います。

一方、日本でのネックレスの歴史になりますが、

日本では古墳時代からヒスイ、メノウ、水晶、碧玉(へきぎょく)などの宝石を使って人々は身につけていました。

日本でも、男女ともにネックレスをしていたようです。
聖徳太子も勾玉(まがたま)を身につけていましたね。

勾玉は権力の象徴として使われたり、お守りの代わりとしても使われていました。
古墳からはヒスイや青、赤のメノウ、さらにはガラスや土器で作られた勾玉も発見されました。
ですが、服飾の技術が進んでいくと、次第に宝石類の人気はどんどん落ちてしまいました。

それは国の事情も背景にあって、アクセサリーというもの自体が姿を消していくようになりました。
再びネックレスなどのアクセサリーが人気になり始めていくのは、昭和の時代になってからことです。

この時代から急激に経済が発展していくにつれて、人々のオシャレに対する関心も大きくなっていきました。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』『Wikipedia@pedia』より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。

貴金属買取専門ゴールドプライスは、送料・査定手数料いっさい無料!24時間受付中  >>貴金属買取の無料査定お申し込み

お気軽にお問い合せ下さい。0120-26-2008