プラチナの用途

工業用品へのプラチナの用途

自動車部品、電子工業部品、接触改質用触媒等
化学的に極めて安定しており酸化されにくいこと、融点が 1,769 ℃(理化学辞典)と高いことなどから、電極、るつぼ、白金耳、フルート、度量衡原器(キログラム原器、メートル原器)などに利用されている
触媒として高い活性を持ち、自動車には排気ガスの浄化触媒として多くの量が使用されており、さらにはその高い耐久性により同じく自動車の点火プラグや排気センサーなど過酷な環境に晒される部品にも多用される。
プラチナの用途は、自動車触媒が全体の半分を占める
ハクキンカイロの発熱装置、プラチナとイリジウムなどの合金は万年筆のペン先としても利用されている

医療へのプラチナの用途

アンモニウムイオンおよび塩化物イオンとの化合物であるcis-ジクロロジアンミン白金 (cis-[Pt(NH3)2Cl2]) がシスプラチンの名で抗ガン剤 として広く用いられている

美容へのプラチナの用途

白金ナノ粒子含有スチームや白金ナノコロイドや電解還元水など、活性酸素を還元する抗酸化作用があるという見方から、美容への利用されている

装飾品へのプラチナの用途

軟らかく加工には不向きなので別の金属との合金されて使われることが多い
一般的にプラチナに使う割金はパラジウム、銅である

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』『Wikipedia@pedia』より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。

貴金属買取専門ゴールドプライスは、送料・査定手数料いっさい無料!24時間受付中  >>貴金属買取の無料査定お申し込み

お気軽にお問い合せ下さい。0120-26-2008