金の用途

工業用品への金の利用

20世紀になってからは工業金属として様々な分野で使用されている。
電気を通しやすく、酸化による腐食に対する強い耐性から、電子部品の電導体やコネクタの部品として広く利用されている。
オリンピックの優勝メダル(金メダル)、ノーベル賞などメダルの材料として用いられる。
生物学分野では、走査型電子顕微鏡で用いる生物のコーティング材として用いられている。
可視光、非可視光ともに良く反射するため、人工衛星の保護剤として全体に貼られている。

医療への金の利用

金の放射性同位体 Au-198(半減期2.7日)はいくつかの癌の抑制治療に用いられている。
鍼治療用として、金を含む材質の鍼が製造されている。
歯科の治療に用いる歯冠として利用されている。

装飾品への金の利用

金属塊は、指輪・ブローチ・ネックレス・イヤリング・ピアスなどに用いられる。
線状にした金は、刺繍に用いられる。
金箔は、料理・家具・建築物・漆器・仏具などに用いられる。
金はやわらかい物質であるため、他の貴金属との合金によって装飾品を作ることが多い。
合金の際、混ぜる貴金属の種類や配合率によって色が変わる。

通貨・投資対象への金の利用

金は柔らかい物質のため、金貨として利用する場合は、銀や銅などの他の貴金属と混ぜて合金して使用する。
日本でも江戸時代には小判、一分金などの金貨が流通していた。
各国の中央銀行が支払準備金として金を保有している。
証券会社や銀行・貴金属専門業者・商品先物取引業者等で、金を投資対象とする金融商品(金貯蓄口座、純金積立など)が取り扱われている。
他の貴金属と同様、金も取引の際にはトロイオンス、またはグラムで計られる。
他の貴金属との合金になっている場合、カラットを用いて金がどの程度含まれているのかを示す。
金の価格は、公開された市場取引によって決められる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』『Wikipedia@pedia』より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。

貴金属買取専門ゴールドプライスは、送料・査定手数料いっさい無料!24時間受付中  >>貴金属買取の無料査定お申し込み

お気軽にお問い合せ下さい。0120-26-2008