金貨の種類

メイプルリーフ金貨

メイプルリーフ金貨(英語:Canadian Gold Maple Leaf、フランス語:Feuille d'erable en or)は、カナダ王室造幣局(Royal Canadian Mint)発行の地金型金貨。
1979年に創鋳され、以後毎年発行されている。表面にエリザベス二世の肖像、裏面にサトウカエデの葉が浮き彫りされている。純度99.99パーセント(.9999)以上の純金製(24カラット)である。
1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンス、1/20トロイオンスの5種がある。カナダでは法定通貨としての価値を持つがそれぞれの額面(50カナダドル、20カナダドル、10カナダドル、5カナダドル、1カナダドル)は全く名目上のもので、市価は額面より遙かに価値が高い。
地金型金貨の中では人気が高く、流通量は世界一を誇る。
1979年から1981年に発行されたものの純度は99.9%(.999)であった。
それぞれの額面の金貨のデザインは、金の両目と額面表示以外は全く同じである。
1994年に、1/15トロイオンス(額面はC$2)の金貨とプラチナ貨(白金貨)が装飾用の使用も考慮して発行された。
特に人気が出ず、1/15トロイオンスが発行されたのはこの年のみとなった。
1998年からは、金貨と同じ両目・額面で、純度.9995のプラチナ貨を発行した。
また同じ年、額面5カナダドルで純度.9999の銀貨も発行された。
2005年-2007年には額面50カナダドル、純度.9995で1オンスのパラジウム貨も発行された。
2007年5月に、カナダ王室造幣局は額面が100万カナダドル、重さ100キログラム、直径50cm、厚さ3cmの金貨を公開した。
純度は99.999%(.99999)。これまで5人が注文した。

ウィーン金貨

ウィーン金貨 (Wiener Philharmoniker)は、オーストリア造幣局発行の地金型金貨。1989年より毎年発行されている。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をモチーフにしたデザインで、表面にはパイプオルガン、裏面にはビオラなどの管弦楽器が浮き彫りにされている。
純度99.99パーセント以上の純金製。
1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスの4種がある。
また、2004年10月7日には、15枚の限定品として、1000トロイオンスの物が発売された。
これは直径37cm、厚さ2cm、重さ31.103kg、額面10万ユーロ、販売価格約6千万円(発売当時の為替レート・金価格にて算出の時価)で、その時点で世界最大の金貨である。

カンガルー金貨(ナゲット金貨)

西オーストラリア州政府公営・パース造幣局で製造
毎年デザインが変わるため収集型金貨のようにコレクションとしての人気がある
純度は、99.99%
金貨のサイズは、1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンスの4種類

クルーガーランド金貨

クルーガーランド金貨(クルーガーランドきんか, Krugerrand)とは、南アフリカ共和国造幣局発行の地金型金貨である。
この金貨は1892年から1900年にかけて発行されていた1ポンド金貨を模した物である。
正確に1トロイオンス(約31.1g)の金を含む。
質量は1.0909トロイオンス(約33.93g)。これは純度が22金であるからで、金約91.67パーセントに銅約8.33パーセントを含む。
表面には南アフリカに位置したトランスヴァール共和国の元大統領ポール・クリューガーの肖像が、裏面にはアンテロープの一種スプリングボックが描かれている。製造枚数は約5000万枚。
1967年7月3日に1トロイオンスのものが創鋳され、1980年に1/2, 1/4, 1/10トロイオンスの3種が創鋳された。
地金型金貨の嚆矢であり、1980年代には日本でもブームを巻き起こしたが、その後、アパルトヘイトへの抗議として、日本を含む世界各国で輸入が自粛された。
南アフリカに黒人政権が樹立して以降は、限定品としてのみわずかに販売されている。

パンダ金貨

パンダ金貨(熊猫金幣)は、中国造幣公司より発行されている地金型金貨。
1982年から毎年発行されている。
金の純度は99.9パーセント以上。
1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンス、1/20トロイオンスの5種がある。
表面にはジャイアントパンダ、裏面には北京天壇が描かれている。
表面のパンダは毎年デザインが変わり、発行年によっては 収集家によって高額で取引される。
このため、パンダ金貨は 地金型金貨と収集型金貨の性質を併せ持つと言われている。
ただし、保証純度は.999であるため地金商での買い取り金額は一般的に低い。
また発行数などの問題で(流動性が低い)、地金市場での信頼性は若干劣ると言われる。
直径が70ミリのパンダ金貨は12オンスで、額面は1000元。

イーグル金貨

イーグル金貨(イーグルきんか、Eagle Gold)とは、元々アメリカ合衆国政府の発行する10ドル金貨のことを言うが、現在では1986年から発行された地金型金貨名称である。
現在の地金型金貨の主流はK24の純金であるが、イーグル金貨は22カラット(91.67%)である。
銀および銅との合金とすることによって、純度と引き換えに耐磨耗性を得ていることが特徴である。
K22の地金型金貨としては他にクルーガーランド金貨(南アフリカ)、ブリタニア金貨(イギリス)がある。
種類はそれぞれ純金量1,1/2,1/4,1/10トロイオンスの4種。
合金分を含んだ総重量は若干多い。
額面は1トロイオンス貨からそれぞれ50,25,10,5ドルだが、発売・取引価格を大きく下回る。
また収集用にプルーフ加工(鏡面加工)されたものも発行されている。
他に現代アメリカの地金型貨幣としては、1986年からは純度99.9%のイーグル銀貨が、1997年からは純度99.95%のイーグルプラチナ貨が、2006年からは一般的な地金型金貨同様に99.99%の純度をもつバッファロー金貨が、それぞれ並行して発行されている。

フローリン金貨

フローリン金貨(fiorino d'oro)とは、イタリアで1252年から1523年まで鋳造された金貨で、そのデザインや金属の標準含有量にほとんど変化がなかった。
フィレンツェ共和国発行のフローリン金貨は7世紀から、ヨーロッパで初めて大量に鋳造されて経済で重要な役割を果たした。
フィレンツェの銀行の多くはヨーロッパ中に支店を持つ国際的大企業だったので、フローリン金貨は西ヨーロッパにおける大規模な取引で優位に取引できる金貨として急速に浮上し、さまざまな刻印の銀の延べ棒(トロイ衡の8オンスや3分の2ポンドに等しい物理単位)に取って代わるようになった。
14世紀には、150のヨーロッパの国家(および地域硬貨の発行局)が、フローリン金貨を模した硬貨を鋳造した。
これらの硬貨のうち、最も重要なものはハンガリーのフォリント硬貨である。
ハンガリー王国(より正確には、スロヴァキアとトランシルヴァニアの山脈)は、ヨーロッパでほとんど唯一のの採掘地であったためである (16、17世紀に新世界がを供給するようになるまで、ヨーロッパで使用される金のほとんどはアフリカ産だった)。

ブリオン(地金型)金貨

投資用に発行されている金貨の一種。
収集型金貨が金地金価格よりはるかに高額で売買されるのに対し、金地金の時価相当分に、少額の上乗せ金を加算した時価で売買される。この上乗せ金をプレミアムと言い、プレミアムの額は、含まれる金の純分によって決まる。
純分1トロイオンスの金貨では5パーセント、1/2トロイオンスでは7パーセント、1/4トロイオンスでは9パーセント、1/10トロイオンスでは11パーセントとなっている。
近年において地金型金貨として発行されたものには法定通貨としての額面表示と共に、含有する金の量目の表示が刻まれていることが普通である。(品位が表示されていることもある)
額面と量目は必ずしも比例しない。また額面は金貨の市価と比べて極めて低く設定されているので、実質的な価値は殆どない。

ソブリン金貨

イギリスの1ポンドに相当する金貨の名称である。
日本語標記としては「ソベリン」「ソヴァリン」「ソボレン」など訳者により様々な標記が使われる。
15世紀後期に初めてこの名称の金貨が登場したが、通常は19世紀前期の金本位制施行により登場した新しい金貨のことを言う。
直径22mm、重量7.98805g(123.27447グレイン)、純度91.67%の標準金。
通用最低重量は123.074グレイン以上。
この金貨の価値は、製造当初の金の公定価格である、標準金1オンス=3ポンド17シリング10ペンス半に相当する。
Sovereignという金貨は、1489年ヘンリー7世の時代に発行された量目240グレインの金貨が20シリングと等価とされたのが最初である。この金貨はそれまで流通していた天使を描いたエンゼル金貨に対して、玉座に坐る国王が描かれたため、ソブリン(君主)と名づけられた。 その後、ヘンリー8世の時代に発行されたソブリン金貨は、22シリング6ペンスとなり、20シリングと等価とされた金貨は200グレインに量目が減らされた。
エリザベス1世女王の時代になるとソブリン金貨は更に大型となり30シリングとされ、これとは別に20シリングの1ポンド金貨が鋳造された。この昔のソブリン金貨は、1604年を最後に鋳造が打ち切られ、以後は20シリングの金貨はユナイトと称し、玉座の君主のデザインではなく、国王の横顔に変わった。
共和制、王政復古を経て1663年にはギニー金貨が発行され、以後19世紀初頭まで、金貨はギニー金貨のみとなった。
そして、イギリスが金本位制を採用した1816年貨幣法(55 GeorgeIII.c.68)で新しい本位金貨が制定され、これをソブリンと名づけ1817年から鋳造された。
鋳造開始は1817年であったが、実際に紙幣との兌換が開始されたのは1822年であった。
この金貨は唯一の無制限法貨として、1917年まで国内流通用の本位貨幣として発行された。

ギニー金貨

かつてイギリスで使われていた金貨。
21シリング(1ポンドは20シリング)に相当する価値があった。
ギニーの名は、ギニアで産出された金を用い鋳造されたことに由来する。
1663年にそれまでのノーブル、ソブリン、クラウン、ユナイト、リアル、エンゼル、ローレルなどの雑多な金貨を統一するために初めて作られ、1717年には21シリングの価値があると定められた。
なお、これを主導した造幣局長官は、物理学者として知られるアイザック・ニュートンである。
1816年には、新しいソブリン金貨(1ポンド)に取って代わられたが、1971年の十進法移行までは医師や弁護士への謝礼、品物の鑑定料、土地、馬の取引等の名目単位として使われていた。現在競馬の競走(2000ギニー、1000ギニー)にその名を留めている。
1ポンド=20シリング 1ポンド金貨を「ソブリン(ソヴェリン)金貨」と言う。
1ギニー=21シリング
1シリング=12ペンス
1971年以降は1ポンド=100ペンス。
1ポンドと1ギニーでは、1ギニーのほうが1シリング分だけ余計に価値がある。
この余分な1シリング(5%相当)は、日本で言う「心づけ」的な趣旨があり、例えば500ポンドの売買において500ギニーを払うと、500シリング余計に支払うことになり、この500シリングは売り手に対する感謝の意を込めた「tip」のようなものであった(ただし、これは1717年当時の金銀の交換比率による偶然のものであり、心づけの機能を意識したものではない。
なお、当時においてもこの交換比率は実勢を反映しておらず、銀貨が多く金貨へと交換され金本位制に移行する契機となった)。
別の観点からは、500ギニーは実際には500ポンド500シリング=25ポンドであり、実際には525ポンドの支払いなのにそれを気分的に少なく見せかけることができる、という売り手側の利点がある。
この「おまけ分」は、馬の売買においては、しばしば仲介者(相馬家。調教師などの場合が多い)への手数料に当てられることが多かった。たとえば1000ギニーといえば、「1000ポンドに加えて1000シリングをチップで払います」ということを表明している。
現在でも伝統的にセリ市での馬の売買価格の表示などで「ギニー」が好んで使われる。(イギリス以外のヨーロッパ諸国は「ユーロ」を導入している。)
英語では通貨単位を複数形で表記するので、1000ギニーであれば「1000guineas」となる。

本位金貨

金本位制が施行されている貨幣制度下において、本位貨幣として鋳造され発行、流通した金貨のことである。
本位貨幣であるので標記額面と実質価値に差は無く、無制限通用力を有している。
また、自由鋳造、自由融解も認められている。
日本では明治時代に新貨条例において発行された旧金貨と、貨幣法により発行された新金貨がある。
日本以外の国では、イギリスのソブリン金貨、フランスのナポレオン金貨、アメリカのイーグル金貨などが特に有名である。
第一次世界大戦後の1920年頃まで発行されたが、その後は金本位制度が崩壊し、管理通貨制度に移行され、本位金貨も鋳造されなくなった。

ソブリン金貨

イギリスの1ポンドに相当する金貨の名称である。
日本語標記としては「ソベリン」「ソヴァリン」「ソボレン」など訳者により様々な標記が使われる。
15世紀後期に初めてこの名称の金貨が登場したが、通常は19世紀前期の金本位制施行により登場した新しい金貨のことを言う。
直径22mm、重量7.98805g(123.27447グレイン)、金純度91.67%の標準金。通用最低重量は123.074グレイン以上。
この金貨の価値は、製造当初の金の公定価格である、標準金1オンス=3ポンド17シリング10ペンス半に相当する。

ソリドゥス金貨

4世紀のローマ皇帝・コンスタンティヌス1世の時代よりローマ帝国・東ローマ帝国で鋳造された金貨の総称。
東ローマ帝国では「ノミスマ」と称された。
11世紀ころまで高純度を維持し、「中世のドル」として東ローマ帝国の内外で流通した。

ナポレオン金貨

フランスで19世紀初頭から20世紀初頭にかけて鋳造され、流通した金貨のことである。
直径21ミリメートル、重量6.4516グラム、金品位(純度)は90.00パーセント。
従って純金5.80644グラムを含み、これはジェルミナル・フランの金平価に相当し、その後1865年のラテン通貨同盟の基準本位金貨でもあった。

ダブロン金貨

スペイン、メキシコ、ペルー、ヌエバ・グラナダで鋳造された、7グラム(0.225トロイオンス)の金貨である。

二分金

江戸時代に流通した金貨の一種である。
正式名称は二分判(にぶばん)である。

二朱金

江戸時代に流通した金貨の一種。
二朱判 (にしゅばん)ともいう。

甲州金

日本で初めて体系的に整備された貨幣制度およびそれに用いられた金貨である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』『Wikipedia@pedia』より引用させていただいており、著作権は引用元にあります。

貴金属買取専門ゴールドプライスは、送料・査定手数料いっさい無料!24時間受付中  >>貴金属買取の無料査定お申し込み

お気軽にお問い合せ下さい。0120-26-2008